HOME>注目記事>頑固な汚れも簡単に落とせて快適な使用を続けられます

点検する部分は多い

部屋

自力で薪ストーブの掃除を行うのが難しいと感じたり、時間的な余裕がなくて困っているのでプロの手を借りたいと考えた時には、設置状況や使用状況などを正確に伝えてからメンテナンスサービスを利用してください。これまでに行ってきた手入れの記録なども用意しておくと、パーツを交換する必要性の有無なども確かめる事ができて、効率的に薪ストーブのメンテナンスを進められます。煙突のトップや接続部など点検作業を行う必要のあるパーツや、設置している薪ストーブの種類によっても違いますから、製品の型番が分かる場合にはスタッフに伝えておく事も重要です。汚れを落とすだけでなく修理も行ってもらえるので、ネジが外れかけているようなトラブルが起きている時にも、メンテナンスサービスを頼ってください。

交換する必要のある部位

薪ストーブ

一見すると汚れていないように見えるパーツでも、使い続けているうちに弱ってきて一部が破損してしまい、故障の原因になる事も珍しくありません。薪ストーブのメンテナンスを行う際にはドアガラスなどの掃除を行うだけでなく、ファイバーロープの耐用年数について調べておく事を推奨します。ファイバーロープの耐用年数が過ぎてしまうと、気密性が落ちて暖房の効率が落ちてしまったり、煙や汚れが外部に漏れだす場合もあるので注意してください。

ホウロウの修理は簡単

部屋

見た目の美しい薪ストーブを使いたいのに、ホウロウの一部が欠けてしまったせいで見た目が悪くなった際にも、メンテナンスをするだけで問題を解決できます。ホウロウが欠けた部分に補修用のパテを塗装するだけでも、見た目が綺麗になって保温性が元通りになる事も多く、パーツの交換作業をせずに問題を解決する事は可能です。パーツの交換にかかる費用と比べると補修用パテの塗装にかかる費用は安いので、金銭的な負担を気にせずにメンテナンスを行えます。